メインイメージ画像

見直しの際に大事なこと

生命保険を見直しする場合に、大事な事はどんな事でしょうか。はじめに、今自分が入っている保険についてマッチしているか確かめます。結婚や子供を産んだ時などの生活の変化があった場合はその場合に応じて契約の中身も変えていくのが良いと思います。人生設計などが変わったときによりマッチする保険内容も異なってくるものです。また、歳を重ねるごとに病気になる可能性も高くなっていきます。その度に、今の自分自身にマッチした内容かどうか確認しましょう。

イメージ画像

年代に応じて保険を考え直すという事がすすめられていますが、どうしてそのような事が重要なのでしょうか。例えば医療保険の場合、年齢に応じて病気を患う可能性はとても異なり、数十倍になるものもあります。ですので、既往症等があると保険加入に制約がついたり加入そのものを断られてしまう事もあるのです。それゆえ、このようなリスクが高まる前に将来の保障を確保しておく事が大切になってくるのです。年代ごとに合っている保険の内容も違います。個々の特徴を把握して入りましょう。

  • ネットで生命保険を検索する人増えてます!
  • 保険は 貯蓄型かで悩んでいる人も多いのではないでしょうか。掛け捨ては受給することが無い場合、支払額は戻ってこないので損するように思う事もありますが、その分保険料が安い事、時期に関係なく見直しが可能な事が良い点です。その点、貯蓄型の方は満期や解約したときに返金がある点がメリットですが、その分振込料が比較的高額になります。月額料は大事な問題ですが、それだけに固執すると保障の中身がないがしろになる場合もあります。中身もしっかり確かめて選択するようにする事が大切だと思います。

    保険金の受取人が違うと、払う税金が大幅に異なってきます。特に、死亡保険の場合、契約者、被保険者、受取人の関係によって死亡保険金にかかる税金が、相続税、贈与税、所得税のどれかという風に異なるのです。もちろん支払う税額も異なります。申し込み時に、きっちり契約形態をチェックしておくことがもしもの時に残された家族を路頭に迷わせないやり方です。一般的に所得税、贈与税が高いため相続税になるように申し込みましょう。